診療ブログ



2019年7月19日 お知らせ

2019年8月11日(日)~2019年8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

tourou_nagashi

 

8月10日(土) 通常診療(午前診のみ)

8月11日(日) 定休日

8月12(月)~14日(水) 休診

8月15日(木) 定休日

8月16日(金)~ 通常診療

 

連休明けの8月16日(金)は混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってご来院ください。

ご不便おかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。



2019年5月22日 お知らせ診療録

「いつが空いていますか?」と、よく問い合わせがあります。

現在は、平日の午前診療が比較的待ち時間が少ないです。お時間に都合がつく方は、平日の午前診療での受診をお薦めします。

 

最も混雑するのは、下記の2つの時間帯です。

①土曜日(午前診のみ)

②午後診療の17時50分過ぎ

doctor_run_isogashii

ゴールデンウィーク明けから、特に土曜日の診療が非常に混雑してきました。

5月11・18日(土曜日)はいずれも、最長2時間待ち、18日は16時30分まで延長してしまい、大変ご迷惑をおかけしました。

土曜日は初診患者さんも多いため、どうしても診察や説明に時間がかかってしまい、待ち時間が長くなりがちです。

 

また、17:30頃まではあまり待ち時間もなくスムーズに進んでいても、午後診療の受付終了時間の間際(17時50分~18時15分)に、一気に数十人の患者さんが来院されることがよくあります。この時間帯は、“どうしても今日中に!”という症状の切迫した患者さんも多いため、緊急の処置が必要となることも多いです。そうなると1時間以上の待ち時間が発生してしまいます。

スムーズに診察が進むようにスタッフ一同常に心がけておりますので、ご協力よろしくお願いいたします。

※当院は通常診療は予約制ではありません。手術は月・火・金曜日13時からの予約制です。

 

 



2019年1月1日 診療録

osyougatsu_text_2019_frame (1)

2019年 明けましておめでとうございます。

2017年の最終診療日である12月29日は、当時の開院以来最多の患者数となり、最長で2時間近い待ち時間となってしまいました。2018年は12月の初めより混乱を避けるように再診日を調節していたら、朝雪が降ったこともあったのか、開院以来最も少ない患者数となりました!当日来院された患者さん曰く、“待合室にも誰もいないし、駐車場にも1台も停まっていないから、もう終了したのかと思った”と。あまりにも極端すぎて、混雑を覚悟して出勤してきたスタッフも私も、拍子抜けしてしまいましたが、混乱なく2018年の最終診療を終えることができました。

今月で開院して2年半になります。

まきのはら皮膚科は、駅や電柱などに看板は出しておらず、広告はこのホームページのみ、美容系のレーザー治療もしていませんが、昨年末で9千人を超える患者さんのお役に立つことができました。

皮膚科・アレルギー専門医として一般皮膚科と小手術(保険診療)を主軸にしており、一般皮膚科をきちんと診療することの大切さを日々感じています。

eto_inoshishi_kataguruma

最初はお母さんが受診し、その後子供たちを連れて来てくれたり、子供を連れてきた両親・祖父母が一緒に受診したり、ママ友からの紹介など、口コミ主体で近隣の患者さんが来院してくれるようになりました。

遠方からは、粉瘤や巻き爪の手術希望の方をはじめ、江南や犬山市など、前職場で診ていた患者さんも来院してくださり、なつかしい顔を見ると昔話に花が咲いたりします。

手術は、1cmまでのほくろやいぼなどの皮膚良性腫瘍、3~4cm以下の粉瘤や巻き爪を中心に行っています。粉瘤は“くりぬき法”、巻き爪は“フェノール法”をメインに施行しています。

粉瘤のくりぬき法は、4ミリの小さな孔から腫瘍本体の嚢腫壁を剥離しながら引っぱり出す方法で、傷跡が小さくて目立たないのが利点です。大きなもの、男性の背中などの皮膚が厚い部位や化膿を繰り返して周囲の組織と癒着が強い症例などは、小さな切開孔からは嚢腫壁を摘除できない場合もあります。実際の手術の様子はこちらを参照してください(肩1 顔面1 肩2 顔面2)。

巻き爪の“フェノール法”は、陥入している爪を数ミリ幅で抜爪し、フェノール(消毒薬)で処理して、巻いている爪を今後生えてこないようにします。手術が終わった瞬間より痛みから解放され、歩いて帰ることができます。患者さんから一番喜ばれる手術です。抜爪だけでフェノール処理をしないと、しばらくするとまた巻き込んだ爪が生えてきて、痛みが再発します。過去に他科で手術をして、再発してしまった方もあきらめないでご相談ください。

 

zarei_manzarei_woman

2019年も慢心することなく、アットホームで温かい雰囲気の中、一人一人の患者さんに最適な治療が提供できますよう、スタッフ共々心がけてまいります。

本年もよろしくお願いいたします。



2018年9月19日 お知らせ

※下記の募集は締め切りました

2018年9月現在は、【医療事務 常勤・パート】を募集しています。

医療事務(常勤・パート) ※経験者・資格取得者を優遇、パートは午後診ができる方を優遇

*明瞭で、笑顔が素敵な方
*他の科目の経験しかないという方もOK 経験者が丁寧に引き継ぎます
*キーボードなど初歩のパソコン操作はできる方

看護師(正・准 常勤・パート) ※パートは午後診ができる方を優遇

*採血、注射、キズの洗浄、軟膏塗布
*未経験、ブランクがあるという方も大丈夫です
*他科の経験しかないという方もOK

2016年7月にOPENした、新しい皮膚科クリニックです。事務・看護スタッフとも仲良く、楽しく明るい職場です。

休暇の希望にも、柔軟に対応しています。

クリニック専用の化粧品・サプリメントなどの、職員優待もあります。

シミ、シワ、にきび、乾燥肌やアトピー性皮膚炎など、
トラブルを抱える患者様のお肌をキレイに、健康にすることができる皮膚科はやりがいもいっぱい!
働きながら自然に最新の正しい美容知識やスキルも身につきます。

どんな職種でも、私が共に働きたいと願っているスタッフはこんな方です。

  • 患者さんを第一に考えた、言動と行動ができる
  • 他のスタッフと協調して、チームプレイとして仕事ができる
  • 楽しく仕事ができる
  • 目前の業務に、一生懸命に取り組む
  • 医療という仕事に生きがい、やりがいを見つけることができる
  • 他のスタッフの悪口を絶対言わない

お問い合わせ・応募方法

履歴書郵送(写真添付)
※返信用宛名明記、切手貼付の封筒をご同封ください。
※応募に関するご要望は、履歴書にお書きください。
※履歴書の送付をもって、正式な応募とみなします。

面接日程は各自に通知いたします。

宛先 

〒465-0072 名古屋市名東区牧の原3-206

まきのはら皮膚科 人事選考 係

052-734-9333



2018年4月2日 お知らせ診療録

 

CIMG1937

3月下旬から桜も咲き始め、今は満開!ずいぶん暖かくなってきました。しかしながら春の嵐や暖かいけど風が強い日が続き、今年は昨年より花粉症の症状がひどいように思います。

春や秋などの季節の変わり目はかゆみが増悪しがちですが、それに花粉症による目・鼻・口の周りの痒みが加わり、アトピー性皮膚炎や乾燥性湿疹まで悪化している患者さんが多いです。

animalface_panda悪化した眼囲湿疹

まきのはら皮膚科では、花粉症用の薬も処方できます。1日1回もしくは2回内服、眠気の出ない薬・出る薬、それぞれの年代・ライフスタイルに合わせて薬を選んでいますので、お気軽に尋ねください。

運転をする方や学生さんが、結構眠くなる薬を飲んでいて、内服薬を変えるだけで眠気がなくなり、日中の活動性が上がったと喜ばれることも多いです特に受験生や定期テストを控えている学生さんには切実な問題なので、だるさや眠気の出ない薬に変更することをお薦めします。

これからだんだん乾燥の季節が終わり、手荒れは冬より楽になってきますが、育児に奮闘されているお母さんたちはそうも言っていられません。毎日のおむつの世話や炊事・洗濯で手を酷使し続けるため、一度アカギレができてしまうと、普通に薬を塗っているだけでは、なかなか改善しません。

teare_woman

最初だけ少し手間がかかりますが、アカギレが楽になる処置法もありますので、ご相談ください。

看護師より実際に処置しながら、わかりやすく説明します(詳細はこちら)

 

まきのはら皮膚科は、イボ、ほくろ、粉瘤、巻き爪などの手術も手掛けている数少ない皮膚科クリニックです。粉瘤以外は主として、1cm以下のものを手がけています。

最近ではブログにアップした過去のくりぬき法で行った粉瘤の手術記事(肩1 顔面1 肩2 顔面2)を見て、遠方より受診される方が増えてきました。

粉瘤のくりぬき法は葉状に大きく切除することなく、4ミリの小孔より腫瘍本体である皮膚の袋を引っぱり出す方法です。傷跡もあまり目立たないので、顔や首など露出部位の粉瘤には最初に行いたい方法です。

ただし、くりぬき法にも長所短所がありますので、全ての症例に行えるわけではありません(詳細はこちら)。

 

CIMG1680

1日1粒で24時間作用持続 外出中などに飲み直し不要 飲む日焼け止めサプリメント!

3月末から急に日差しが強くなりました。紫外線はしみ・しわの大敵です。将来の皮膚がんを引き起こす要因の1つでもあります。

昨夏大変好評だった、飲む日焼け止め“UVlock”は引き続き、まきのはら皮膚科で取り扱っています。(詳しくはこちら)

“UVlock”はクリニックのみのサプリメントで、一般の薬局などでは販売しておりません。診察はなくても、“UVlock”のみの購入もできますので、受付にお気軽におっしゃって下さい。

 

昨年7~9月に行った、開院1周年&5000人突破キャンペーンで、多くの患者さんに美容注射をご利用していただきました。

皆さんの熱いご要望に応じて、特に人気の高かった“プラセンタ”注射は、キャンペーン価格を続行中!

・一番人気 プラセンタ注射(シングル) 1500→1000円

             (ダブル)  2500→1500円

 

2018年2月に行った手術実績です。大雪や厳しい寒さが続き、比較的手術の少ない月でした。

母斑(ほくろ)       4件

脂漏性角化症(老人性いぼ) 2件

粉瘤            9件

脂腺嚢腫          1件

神経線維腫         1件

皮膚線維腫         1件

疣贅            1件

部分生検          3件

手術は、原則月・火・金の13~14時(予約制)です。

※手術は予約制ですが、一般の外来診療は予約制ではありません。



2018年3月7日 お知らせ診療録

CIMG1911

3月に入って少しずつ暖かくなるのと同時に、花粉症の症状がでてきた患者さんが増えてきました。

目のかゆみや涙の刺激、鼻水のかみすぎで目・鼻・口の周りが真っ赤っかになり、アトピー性皮膚炎や乾燥性湿疹まで悪化する場合もあります。

animalface_panda悪化した眼囲湿疹

まきのはら皮膚科では、花粉症用の薬も処方できます。1日1回もしくは2回タイプ、眠気の出ない薬・出る薬、それぞれの年代・ライフスタイルに合わせて薬を選んでいますので、お気軽に尋ねください。

運転をする方や学生さんが、結構眠くなる薬を飲んでいて、内服薬を変えるだけで眠気がなくなり、日中の活動性が上がったと喜ばれることも多いです。特に受験生や定期テストを控えている学生さんには切実な問題なので、だるさや眠気の出ない薬に変更することをお薦めします。

 

この時期でも、手荒れの悪化で来院される患者さんは続いています。指にアカギレができて、しみて痛くなります。アカギレができると、普通に塗り薬をつけているだけでは、なかなか改善しません。

teare_woman

最初だけ少し手間がかかりますが、アカギレが楽になる処置法がありますので、ご相談ください。

看護師より実際に処置しながら、わかりやすく説明します(詳細はこちら)

 

まきのはら皮膚科は、イボ、ほくろ、粉瘤、巻き爪などの手術も手掛けている数少ない皮膚科クリニックです。粉瘤以外は主として、1cm以下のものを手がけています。

最近ではブログにアップした過去のくりぬき法で行った粉瘤の手術記事(肩1 顔面1 肩2 顔面2)を見て、遠方より受診される方が増えてきました。

粉瘤のくりぬき法は葉状に大きく切除することなく、4ミリの小孔より腫瘍本体である皮膚の袋を引っぱり出す方法です。傷跡もあまり目立たないので、顔や首など露出部位の粉瘤には最初に行いたい方法です。

ただし、くりぬき法にも長所短所がありますので、全ての症例に行えるわけではありません(詳細はこちら)。

 

CIMG1904

1月より超音波検査を導入しました。プローブにゼリーを塗って患部に当てるだけなので、痛みはありません。

粉瘤などの皮下腫瘍には、術前に性状や深さが推測できます。

 

昨年7~9月に行った、開院1周年&5000人突破キャンペーンで、多くの患者さんに美容注射をご利用していただきました。

皆さんの熱いご要望に応じて、特に人気の高かった“プラセンタ”注射は、キャンペーン価格を続行中!

・一番人気 プラセンタ注射(シングル) 1500→1000円

             (ダブル)  2500→1500円

 

2018年1月に行った手術実績です。年末の駆け込み手術が一段落して、比較的手術の少ない月でした。

母斑(ほくろ)       4件

脂漏性角化症(老人性いぼ) 2件

日光角化症         1件

粉瘤            7件 (くりぬき法で摘出)

皮下膿瘍(化膿性粉瘤後)  1件

脂肪腫           1件

血管平滑筋腫        1件

陥入爪(巻き爪)      2件 (フェノール法

部分生検          1件

手術は、原則月・火・金の13~14時(予約制)です。

※手術は予約制ですが、一般の外来診療は予約制ではありません。



2018年1月22日 お知らせ診療録

2018年1月より、超音波(エコー)診断装置を導入しました!

CIMG1903

この機種は、前勤務先の江南厚生病院で使用していたものとちょうど同じものです。

何と言っても、超音波検査の一番のメリットは無侵襲、つまり切ったりしないため、痛みなしで、皮膚表面から当てるだけ行えるという点です!

加えて、CTやMRIなどの大掛かりな画像撮影と比べて、医療費が安く、簡便です。

まきのはら皮膚科では、小さな皮膚腫瘍の手術も行っていますので、超音波検査は特に皮表から見えないしこりの診断に役立ちます。

クリクリ触れるものが、皮下腫瘍なのかどうか、内部の性状や深さなどを検索することができます。それらを術前にチェックすることで、切除範囲や進達度の評価が行えます。

まきのはら皮膚科では、毎月コンスタントに粉瘤の手術(くりぬき法)を行っており、超音波検査は大いに効果を発揮してくれます!

 

本機器は、名古屋大学医学部皮膚科同門会の先輩で、皮膚外科の第一人者であるSSクリニック院長である柴田真一先生のご厚意により、導入することができました。

まきのはら皮膚科には、レーザー機器がないため、シミやシワの相談にいらした患者さんで、レーザー治療が適してると判断した方には、よくSSクリニックを紹介させて頂いております。シミと一言に言っても、日光黒子、肝斑、雀卵斑(ソバカス)、後天性真皮メラノーシスなど、見分けるのは皮膚科専門医でも容易ではありません。安易にレーザー治療を行うと、かえってシミが濃くなってしまうこともあります。

一般皮膚科の豊富な専門知識が前提にあって、美容皮膚科を実践されている医師は多くはありません。SSクリニックの柴田真一先生は、正確な診断のうえに、豊富な経験に裏打ちされた確かな治療技術を持たれている、数少ない皮膚科医の一人です。シミ以外にも、シワに効果の高い多血小板血漿療法や眼瞼下垂術のエキスパートでもあります。

エネルギッシュで研究熱心ですが、威圧感は無く、トークも面白く気さくな先生です。保険外診療でありがちな、ぼったくられる心配もありません。美容分野でお悩みの方は、SSクリニックをお薦めします。

 

皮膚科・美容外科 SSクリニック(HPはこちら)

名古屋市中区千代田3-14-14 パルティール鶴舞2F

● JR 中央線 鶴舞駅 公園前出口 徒歩約2分
● 地下鉄 鶴舞線 鶴舞駅 ⑥番出口 徒歩約2分

TEL 052-332-7870(※完全予約制なので、受診前にご予約下さい)



2018年1月16日 お知らせ診療録

CIMG1886CIMG1898

年末を境に少しずつ日が暮れる時間が遅くなってきましたが、まだまだ寒い乾燥の時期が続いています。

年始からの大寒波で、子供たちの“しもやけ”が増えてきました。

729462

足の指が赤紫色に腫れて、子供には、“かゆい”とも“痛い”とも表現しにくい症状ですので、お母さんが心配して連れてこられます。子供たちは、なかなか内服はできないので、塗り薬で対応していますが、大人にはショウガの成分が入った漢方薬を併用することで、ずいぶん症状が軽くなることもあります。

目の周りの乾燥は女性に多く、先月から引き続き女性に多い症状です。軽快・増悪を繰り返していると、目の周りが赤黒くなりパンダ状態になることもあります。眼囲には適した軟膏がありますので、イラストのようになる前にご相談ください。

animalface_panda悪化した眼囲湿疹

お湯を使う機会が増えるこの時期は、育児中のお母さんの手荒れもひどくなります。指にアカギレができて、水などがしみて痛くなります。アカギレができると、普通に塗り薬をつけているだけでは、なかなか改善しません。

teare_woman

最初だけ少し手間がかかりますが、アカギレが楽になる処置法がありますので、ご相談ください。

看護師より実際に処置しながら、わかりやすく説明します(詳細はこちら)

 

まきのはら皮膚科は、イボ、ほくろ、粉瘤、巻き爪などの手術も手掛けている数少ない皮膚科クリニックです。イボやほくろは主として1cm以下のものを手がけています。

最近ではブログにアップした過去のくりぬき法で行った粉瘤の手術記事(肩1 顔面1 肩2 顔面2)を見て、遠方より受診される方が増えてきました。

粉瘤のくりぬき法は葉状に大きく切除することなく、4ミリの小孔より腫瘍本体である皮膚の袋を引っぱり出す方法です。傷跡もあまり目立たないので、顔や首など露出部位の粉瘤には最初に行いたい方法です。

ただし、くりぬき法にも長所短所がありますので、全ての症例に行えるわけではありません(詳細はこちら)。

CIMG1894

スタッフUさん手作り 受付のマスコット 頭に鏡餅をかぶったお正月バージョン

本年7~9月に行った、開院1周年&5000人突破キャンペーンで、多くの患者さんに美容注射をご利用していただきました。

皆さんの熱いご要望に応じて、特に人気の高かった“プラセンタ”注射は、キャンペーン価格を続行中!

・一番人気 プラセンタ注射(シングル) 1500→1000円

             (ダブル)  2500→1500円

2017年12月に行った手術実績です。先月の反動か、年末の駆け込み需要か、手術の多い年末となりました。

母斑(ほくろ)       11件

脂漏性角化症(老人性いぼ) 1件

粉瘤            7件 (くりぬき法で摘出)

外毛根鞘嚢腫        1件

疣贅            2件

陥入爪(巻き爪)      5件 (フェノール法

部分生検          3件

手術は、原則月・火・金の13~14時(予約制)です。

※手術は予約制ですが、一般の外来診療は予約制ではありません。



2018年1月2日 診療録

nengastamp_kinga1

明けましておめでとうございます!

2017年の外来最終日(12月29日)は、最近の一日の患者数を超える人数が午前診に集中してしまい、開院以来最多の患者数となりました。患者が減るこの時期に、夏の繁忙期を超える人数になるとは予想だにしておらず、時間帯によっては1時間近い待ち時間が発生してしまったことをお詫び申しあげます。

2016年7月11日に開院してから、約1年半経ちました。

開院初年度の夏は、診療時間中にブログ用の写真を撮影する時間がとれました。

しかし昨夏は水虫、あせも、虫刺されに加えて、水いぼ取りの子供たちが一挙に増えて、夏休み前までは午後診に学童が集中し、処置室はバタバタの状態になりました。夏休みに入ってからは、子供たちが午前と午後にうまく分散して受診してくれるようになり、午後診の混雑が緩和されました。

昨夏から採用した、飲む日焼け止め“U・Vlock”も好評でした(詳しくはこちら)。夏場よりは少ないですが、眼に見えないだけで紫外線は冬場も降り注いでいますから、今の時期も油断せずに紫外線対策を継続することが大切です。

開院1周年記念に美容注射の割引キャンペーンを行い、多くの患者さんに利用していただきました。8月末で終了予定でしたが、ちょうど終了直前に患者数が5000人を突破したため、9月までキャンペーン期間を延長して大変好評でした。一番人気であったプラセンタ注射は、引き続き多くの皆さんに継続していただけるよう、キャンペーン終了後も価格を据え置きました(1V 1000円、2V 1500円)。まきのはら皮膚科の全スタッフも毎週注射するほどの、大人気メニューとなっています(喜びの声はこちら)

まきのはら皮膚科では小さな皮膚腫瘍に対しては手術も行っており、その中でも要望の多い術式は、粉瘤に行う“くりぬき法”です。紡錘形(葉状)に切除すると大きな傷跡が残りますが、くりぬき法だと4ミリの小さな孔から粉瘤の本体である嚢腫壁を引っ張り出しますので、傷跡が小さく目立たずにすみます。

くりぬき法の実際の術中写真(肩1 顔面1 肩2 顔面2)や注意点(詳細はこちら)はクリックして過去の記事をご覧ください。

もう1つ、巻き爪(陥入爪)の手術である“フェノール法”もとても喜ばれる術式です。2017年最後の手術は、駆け込みの“フェノール法”でした。手術翌日には満面の笑みで「20年来の痛みから解放されて、本当にうれしい!」と喜ばれました。本年1月には、もう片側の手術も希望されました。

巻き爪の手術は外科や整形外科でも行われていますが、単に抜爪しただけではまたくい込んだ爪が生えてきて、再発してしまいます。そのような手術を何回かした後に、来院される患者さんが多いのが現状です。“フェノール法”は爪を作る細胞をフェノール(消毒薬)で処理して、二度とくい込んだ爪を生えてこないようにする方法です(数%ですが、再発する場合もあります)。

巻き爪でお悩みの方、行動の制限がなくなり人生変わりますよ!

 

05

 

2018年度は、皮膚外科の第一人者である名古屋大学皮膚科同門会の先輩医師からのご厚意により、粉瘤や脂肪種などの皮下腫瘍の鑑別に有用なエコー(超音波)を導入する予定です。

またせっかく開業したので、勤務医時代にはやりにくかった保険外の治療メニューも少しずつ取り入れたいです。まずは昨年末、自分で実際に受けてみて効果を実感した手技から始めてみたいと考えています。日本ではつらい症状に悩んでいる方が大勢いますので、きっとお役に立てると思います!

2018年は効果の高い最新の治療法を安全に提供できるように、スタッフ一同今まで以上に研鑽してまいりますので、本年もよろしくお願いいたします。



2017年12月20日 診療録

CIMG1879

年末年始は2017年12月30日(土)~2018年1月4日(木)まで休診とさせていただきます。

連休明けの1月5日は混雑が予想されますので、お時間に余裕を持ってご来院ください。

ご不便おかけしますが、ご了承のほどよろしくお願いいたします。

 


makinohara-footer-logo

まきのはら皮膚科は名東区の皮膚科専門医です。

© Makinohara Dermatology / まきのはら皮膚科 名古屋市名東区牧の原3丁目206番