診療ブログ



2017年8月26日 クリニック紹介

CIMG1759CIMG1764

本日はスタッフ納涼会でした。

普通は院長が企画するものですが、まきのはら皮膚科ではスタッフが企画立案し、私も参加させていただきました(?)

CIMG1790CIMG1789

スタッフの子供たちも参加して、BBQで盛り上がり。

今年は雨が多く蒸し暑く、あせも、虫刺され、水虫、特にプールシーズンの水いぼ取りが多く、忙しい夏でした。診療時間を延長しても、スタッフがかんばってくれました。

スタッフのみんな、有難う、たまにはこうして羽伸ばしましょう!

 

CIMG1805

会場近くは、ど真ん中まつりと24時間TVで大賑わい。帰りはスタッフの子供たちとお祭りに。

子供たちは、はるな愛さんが中継を行う会場で募金に参加、ボイメンのチャリティライブにもノリノリでした!

子供たちにも、楽しい夏休みの思い出になったようです。

 

現在 看護師・看護助手(資格不問)を募集中です(詳細はこちら)



本日無事に内覧会を開催いたしました。

待合室に掛けてある50インチのモニターには、院長お気に入りの“小田和正”のライブ映像、小児用のプレイルームのモニターには“トムとジェリー”を流して、内覧会をスタートしました。

CIMG1507

 

CIMG1513ムシムシした猛暑の中、最終的には約300人の方にご来院いただき、誠に有難うございました。

何と最初に訪れた方は、昭和病院時代からの患者さんでした。わざわざ江南から名鉄電車、地下鉄、タクシーを乗り継いで来ていただき、涙ぐんでいらっしゃいました。私の退職間近に治ったやけどの傷跡は、きれいになっており一安心でした。

地域住民の皆様、高校時代の友人、昭和病院~江南厚生病院時代の医師仲間、名古屋大学皮膚科医局の先輩・後輩、大学院生時代の研究室の仲間や指導教授にも来院していただきました。久しぶりになつかしい顔ぶれに囲まれて、非常に楽しい時間を過ごすことができました。

小児用プレールームでは、高校時代の同級生で柔道部のマネージャーが持ってきてくれた“オラフ”がお出迎え。

DSC_1308

昼過ぎに一気にお花が届き、見たこともない数の胡蝶蘭をはじめ、花かごに囲まれて、待合室がとても明るくなりました。お花を贈ってくださった皆様、本当に有難うございました。

DSC_1298

受付左側の壁には、博士号や皮膚科、アレルギー、リウマチ、抗加齢医学会の各専門医認定証を掲示しました。

DSC_1278

DSC_1280

DSC_1281

地域の方からシミをはじめとした美容系、傷の処置、蜂窩織炎やアレルギーの相談、新聞チラシを見ていらっしゃった血管外科の医師から患者の紹介相談を受けました。地域住民の方達からの当院への期待の高さを肌で直に感じることができ、開業準備で忙殺されて萎え気味になっていたモチベーションが復活してきました。

内覧会でも処置室を開放して説明いたしましたように、皮膚科開業医としては珍しく、切創の縫合や小手術用に無影灯・電動ベッド、電気メスを設置しています。転んで深い傷ができた場合も対応可能です。

CIMG1481

一番奥の処置ベッドは電動で高さ調節ができ、上部に無影灯が設置されています。左側の作業棚の上に乗っているのが電気メスです。一番奥がキズなどの洗い場です。

医師からの伝達ミスを無くすため、急遽処置室にも電子カルテの追加導入をすることにしたため、開院は7月11日となります。

乞うご期待!



2016年6月7日 クリニック紹介

公共交通機関を使用して、“まきのはら皮膚科”へ来院するには、地下鉄東山線「星ヶ丘」駅、もしくは鶴舞線「植田」駅から市バスへ乗り換えて、「西山本通三丁目」もしくは「牧の原」(「西山本通三丁目」の方が発車本数が多いです)で降車する2つの道順があります。

いずれの駅からでもバスは約10分ですが、「星ヶ丘」駅からだと約2Km(4番のりば 系統:幹星丘2、星丘12、星丘13)、「植田」駅からは約3Kmですので、やや「星ヶ丘」駅からの方が近いです。

クリニックからの帰りに、「星ヶ丘」駅周辺を散策してきました。

CIMG1389

まずは駅の真ん前にある「星ヶ丘三越」。

隣接する名古屋のお洒落なショッピングモールの代表格である「星ヶ丘テラス」。

CIMG1367

 

CIMG1369

CIMG1373

CIMG1383

CIMG1453

“まきのはら皮膚科”は、名古屋市名東区で7月初旬のオープンに向けて、全力で準備中です。

“まきのはら皮膚科”からお帰りの際は、デパ地下で食材を探したり、ファッションや雑貨のお店を回ったあとは、おしゃれなCAFEでくつろいだり、ぜひ街並みも楽しんで下さい。



2016年5月24日 クリニック紹介

本日久しぶりに、クリニックの工事状況を見に行ってきました。

CIMG1445

 

すっかり足場も取れて、外観全貌がわかるようになっていました。

左側が入り口で濃い灰色、他壁面はクリーム色のツートンになっていました。

CIMG1439

入り口側の側面も、入り口と同じ色です。

てっきり全体的に白色調だと思っていたので、イメージと少し違っていましたが、アクセントになっていて良い感じでした。

CIMG1419

待合室

CIMG1415

ベットが3つ入る予定の処置室

中は内装工事が順調に進行していました。

現在、7月上旬のオープンに向けて、机や椅子などの内部レイアウトを検討中です。

内覧会や開院日は昨日オープンしたホームページ(https://makinohara-hifuka.net/)でお知らせします。

内覧会では院内をオープンにいたしますので、多数の御来院をお待ちしております。



2016年4月25日 クリニック紹介

昨日オープニングスタッフの採用面接を行いました。

募集当初は求人が少なく、かなり焦りましたが、最終的には80名を越える応募がありました。応募していただいた方に、この場を借りて御礼申し上げます。

今回の募集では、医療事務経験者から多数の応募があり、開設スタッフと共に慎重に書類選考を行いました。面接辞退者が3名出ましたが、朝から夕方までびっしりの面接スケジュールとなりました。

私一人では独断と偏見に片寄ってしまうため、午前中は5名、午後は4名の開院スタッフと共に面接を行いました。

一生忘れることのないオープニングスタッフとの初対面になるため、当日は私も朝から期待と緊張感が入り混じる中、いよいよ面接がスタートとなりました。

面接してみると履歴書の写真から想像するイメージと全く異なっていたり、良い意味で期待を裏切られる場合も多く、実際に会ってみないとわからないものだな、と実感させられました。

どの方も自分の持てる才能や個性を発揮して活躍されてきたことが職歴に表れており、新規クリニック開設にあたり、各自の熱い想いを伝えていただきました。

無断欠席者は1名のみで、ほとんどの方が面接に来て下さり、心から感謝いたします。

今回当院の諸事情にて、ご希望に添えなかった方々には大変申し訳ございませんが、またの機会にお力をお借りすることもあるかと思います。その節には、ご高配いただけますよう、お願い申し上げます。

面接結果は約1週間ほどの時間をいただき、お知らせする予定ですので、今しばらくお待ちください。



2016年4月20日 クリニック紹介

本日最後の現場打ち合わせで、手術室の無影灯の位置の確認、待合室、トイレ、診察室、処置室などの床や壁紙の選定を行ってきました。

微妙な色彩のグラデーションやどこが違っているのかよくわからないような模様のパターンが山ほどある上に、小さな見本から大きく張りつけた状態を想像するのは至難の業でした。迷い始めると出口のない迷路のようになってしまい、最後はもうフィーリングで決めるしかありませんでした。

クリニック名は所在地の牧の原に由来し、“牧”・“原”⇒草原⇒新緑の黄緑色をイメージカラーにしたので、床は樹木のイメージで明るいウッド調を基本として、壁紙はややクリーム色がかかった白色を基調としました。全体的に暗くならないように、シックな濃茶色ではなく、あまり白くならない程度の木目調にしたはずなのですが、実際にはどうなっているのか…? ぜひ7月上旬予定の内覧会でご確認ください。

工事も順調に進み、外壁のタイルが貼られ始めていました。

CIMG1326

屋根はこんな色。

CIMG1324

左側がトイレ、右側が受付

CIMG1323

診察室にも壁が立ちました。

ゴールデンウィーク明けには、足場が外れ、外壁を覆っているネットが外れて建物の全景が見えるようになります。

今週末には、いよいよオープニングスタッフの採用面接を行います。予想を超えるたくさんの方からご応募いただき、本当に有難うございました。この場を借りて、御礼申し上げます。

記念すべきオープニングスタッフ、どんな方々と出会えるのか、今から楽しみにしております。



2016年4月5日 クリニック紹介

本日は3回目の現場打ち合わせでした。

2週間前はまだ基礎工事で平面的な区画しかなかったのに、外壁工事はまだですが、もう建物の外観ができていました。

平面的に見たときは小さく感じましたが、立体的になると思ったより大きな印象です。右側の一部は2F建てです。

ネットが張ってあるためわかりにくいですが、側面から見ると屋根が斜めになっています。

CIMG1309工事中の建物内部、こちらが待合室になります。

CIMG13122つの診察室と一番奥が処置室となります。

工事は順調に進み、だんだん新しいクリニックが出来る実感が湧いてきました。

只今、オープニングメンバーを募集中(看護師、看護助手、医療事務)です。新築できれいな職場で一緒に働きませんか?

詳細はホームページ(https://makinohara-hifuka.net)の求人募集リンク(とらばーゆ画面)をご覧下さい。ブランクが空いたり、皮膚科未経験の看護師さんもOKです。キズの処置や軟膏の塗布がメインで、採血・注射は他科と比べれば少ないです。看護助手、医療事務は資格不問です。

アットホームで地域に親しまれる皮膚科を創ってゆきましょう!



2016年3月22日 クリニック紹介

本日は2回目の工事現場での打ち合わせでした。

基礎工事も順調に進んでおり、1F部分の輪郭や大きさが見えてきました。

CIMG1248

向かって左側が出入り口、入ってまっすぐがトイレ、その右隣が受付、第2診察室、第1診察室、最右側が処置室となる予定です。

CIMG1243

1枚目写真の右側からの眺めです。受付~診察室の前が待合室になります。待合室には小児用のプレイルームも作りますので、小さなお子様も気がねなくお連れください。私は医師になって最初の約2年間を小児科で研修していますので、小児の対応は慣れております。

CIMG1245

出入り口

CIMG12442つの診察室

CIMG1242処置室、ここに処置用ベッドが3つ入る予定です。一番奥は手術用の高さが自由に調節できる電動ベットになり、上部に無影灯も設置される予定です。皮膚腫瘍や巻き爪などの手術はここで行う予定です。

だんだん新しいクリニックの形が見えてきました。4月の初めには2F部分の柱などが設置され、より立体的になり、建物のアウトラインが浮かんできます。

まきのはら皮膚科は、地域に親しまれるアットホームな皮膚科を目指して、平成28年7月上旬のオープンを目指しています。市中病院の最前線で20年以上勤務してきた経験に裏打ちされた、確かな皮膚科診療をお届けしたいと意気込んでおります。楽しみにお待ちください。

 

只今、オープニングメンバーを募集中(看護師、看護助手、医療事務)です。新築できれいな職場で一緒に働きませんか?

詳細はホームページ(https://makinohara-hifuka.net)の求人募集リンク(とらばーゆ画面)をご覧下さい。ブランクが空いたり、皮膚科未経験の看護師さんもOKです。キズの処置や軟膏の塗布がメインで、採血・注射は他科と比べれば少ないです。看護助手、医療事務は資格不問です。

アットホームで地域に親しまれる皮膚科を創ってゆきましょう!


makinohara-footer-logo

まきのはら皮膚科は名東区の皮膚科専門医です。

© Makinohara Dermatology / まきのはら皮膚科 名古屋市名東区牧の原3丁目206番