粉瘤(アテローム)


https://makinohara-hifuka.net/makinohara-hifuka_wp/wp-content/uploads/2016/04/964a18a67ea76b515367349362243fa5.png

皮膚の下に袋状の嚢腫ができ、袋の中に垢が溜まってふくらんできたり、ときに膿んだりします。

大きくメスで葉状に切除する場合もありますが、私は4mmの小さな孔より、袋(嚢腫壁)をひっぱりだす“くりぬき法”が得意です。手術時間も短く、縫わないので傷跡も小さく、目立ちません。

“くり抜き法”は上記のような利点が多い手技ですが、意外に得意な医師は少ないです。

膿むことを繰り返して袋(嚢腫壁)が周囲の組織と強くひっついていたり、部位によっては“くりぬき法”が適さないこともありますが、他院で“くりぬき法”を断られた場合でもご相談ください。


makinohara-footer-logo

まきのはら皮膚科は名東区の皮膚科専門医です。

© Makinohara Dermatology / まきのはら皮膚科 名古屋市名東区牧の原3丁目206番