乾癬(かんせん)


https://makinohara-hifuka.net/makinohara-hifuka_wp/wp-content/uploads/2016/04/710326273189afdc967983512aea1628.png

ステロイドとビタミンD3の塗り薬を、症状によって両方もしくは一方を使用します。
中~重症の場合は、ネオーラル®(異常な免疫反応を抑える飲み薬)を併用することもあります。

ネオーラル®の通常の飲み方は1日2回ですが、副作用を減らすため、なるべく朝1回のみの少量でのコントロールを目標にしています。
体重によって飲む量を計算して、薬物血中濃度を測定しながら、慎重に調節します。

飲む量のさじ加減を見極めるには、経験を要します
今まで地域の中心であった市中病院にて、多くの患者さんに対してネオーラル®の投与を行い、副作用を極力抑えて、大部分の患者さんを少量で維持できるように調節してきました。

光線療法に関しては、今後導入予定です。機器が導入されたら、お知らせいたします。


makinohara-footer-logo

まきのはら皮膚科は名東区の皮膚科専門医です。

© Makinohara Dermatology / まきのはら皮膚科 名古屋市名東区牧の原3丁目206番